News & Column

ワインの風味(香りと味)その2

 ワインの風味(香りと味わい)には流行がある。

最近流行の薄旨ブルゴーニュもそのひとつ。

アンリ・ジャイエ(故人)というブルゴーニュワインの造り手が存在した。

彼の80年代以降のワイン造りには一貫した造り方が見られる。

「ミルランダージュ」(一般的には未熟成果実の収穫を指す)といわれる状態でブドウを収穫をすることにより、三大要素(糖・酸・タンニン)のバランス中、過剰な糖と果皮の色素の増加と一方で酸の減少を避け、比較的酸の含有割合の多い果汁を得ることが出来る。

この果汁から(恣意的な高温及び過度の低温発酵を施さず)造られるワインの色調は若いうちから(当然紫の色調はみうけられるものの)比較的淡い。

ここで若いVOSNE-ROMANEEを例えると。

香りは決して高くは香らない。またアメリカンダークチェリーやダージリンティーのような強いものではない。

むしろ佐藤錦のような柔らかく清楚な香り。それが若さゆえの微かな樽の香りに加え、熟成を経なければ生まれない筈の薔薇「カトリーヌドヌーヴ」(桃色の薔薇)の香りに伴われて液面から静に立ち上る。

味わいは若いくせに果汁の凝縮感とは程遠い。ただ印象的な旨味と緊張感を持ったしなやかな酸が、ほつれかけてしまいそうなタンニンとせめぎあう。そして、思いかけぬ圧倒的な量のミネラル(カルシュウムとシリカ)を口蓋と味蕾に残して行く。

風味(香りと味わい)の余韻はその長さを測ることすら忘れさせる。 

フィネス(洗練された高貴なバランス)とはこのようなワインにこそ相応しい言葉かもしれない。 店主 那須


News & Column

店舗

ルマルタンペシュール

〒464-0853
名古屋市千種区小松町6-15
TEL:052-733-3373

フランス料理とワインのルマルタンペシュールは「旬の和と洋の素材」をフレンチで仕立て、寄り添うワインとともに皆さまのお越しをお待ちいたしております。
●休日 日曜 第1•2•3月曜
●ランチ
11:30〜14:30(前日迄のご予約)
●ディナー
18時〜22時30分(ラストオーダー21時)
●バー
20時30分〜24時(ラストオーダー23時)

ご予約・お問い合わせは
TEL:052-733-3373